クラウド会計って何?堺の若手税理士上谷雄一税理士ブログ

自社の会計記帳について次のような悩みをお持ちの経営者の方必見です!!

 

起業したけど、営業活動に追われて帳簿をつける時間がない

朝から夕方までは営業活動、夜は取引先との飲み会や異業種交流会に出席、休日には家族サービスや取引先とのゴルフ、レシートだけが溜まっていって、黒字なのか赤字なのか全くわからない。決算日が過ぎて申告期限が近づきようやく一から入力を始めるものの1年分溜まった膨大なレシートの山にうんざり、ようやく集計ができたら意外と利益があがっており、納税資金に困ってしまう。
極力手間を省いて会計帳簿をつけることはできないのだろうか??

個人事業から法人成りしたけど、複式簿記がよくわからない

売上も伸びてきて、法人を設立した。個人事業のときは、申告期限ぎりぎりに損益をエクセルで集計するだけで青色決算書はできていた。そんな軽い気持ちでいざ会計入力を始めたが、法人の決算に必要な複式簿記がよく分からない。経理を雇う余裕もないし、一人で営業しているので勉強している時間もない。
複式簿記が分からなくても自動で会計帳簿をつけることはできないだろうか??


こういったお悩みを劇的に改善する「クラウド会計ソフト」の導入をおススメいたします!

会計仕訳が自動で作成できる!!

現在、多くの事業所では、弥生会計などの会計ソフトを購入し、通帳やレシートを見ながらそのソフトに会計仕訳を入力し、会計帳簿を作成されているかと思います。これらの会計記帳は毎年税務申告をしなければならない事業者にとって欠かすことのできないものですが、そこからは売上にはつながらない、付加価値の低い業務です。ご紹介するクラウド会計ソフトを利用すると、ほとんどの会計仕訳が自動で作成されるため、会計仕訳を一から入力する必要がなくなり、時間短縮や経費削減などの合理化を図ることができます。

「クラウド会計ソフト」とは

クラウド会計ソフトとは、
1 外部サーバーにデータを置き、
2 通帳(ネットバンク限定)やクレジットカード、交通系電子マネー、各種POSレジなどを会計ソフトに登録すると、
3 自動で会計仕訳が作成してくれる
ソフトです。

「クラウド会計ソフト」を使うメリットは?

・ソフトに登録した通帳の入出金、クレジットカードの支払、交通系電子マネーの使用、POSレジについて自動で仕訳が入力されるため、一から会計仕訳を入力する手間が省けます。
・データが外部サーバーに保存されているため、事業所内でのトラブルからデータを守ることができます。

これらの連携により、自動で仕訳が作成される様子は、何かとわずらわしい会計記帳を経験されている経営者や会計担当者の方が見れば本当に感動します。

このブログでも、今後、クラウド会計についての詳細や動向をいち早くお伝えしていきたいと考えています。

詳しい話を知りたい方は↓↓まで!!

 

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄
上谷雄一(うえたにゆういち)税理士事務所
〒591-8041 堺市北区東雲東町1-4-28 ユーセゾン101
TEL 072-320-3167 FAX 072-350-6717
E-MAIL  info@sakai-uetax.com
URL    https://www.sakai-uetax.com
_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄