クラウドファンディングと税金 その1 堺の若手税理士上谷雄一税理士ブログ

 

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは、Wikipediaによると「不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。」とあります。
簡単に言うと、ある人が「こういった事業をしたい、こういった物を作りたい」と手を挙げて、それに共感した人たちが出資を行うというものです。

ちなみに私が気になっているのは

 世界初!排泄予知ウェアラブル「DFree」先行予約、受付開始!
 https://readyfor.jp/projects/DFree

です。排泄のタイミングを自分で気づく前に通知してくれる!
お腹が弱い私には夢のようなデバイスです。
また、トイレへの移動が困難な人や介護関係にも活用できるのではないでしょうか。
本当にそういった通知が可能なのかは分かりませんが、上記のページによると資金調達は成立したようです。
さて、このようなクラウドファンディングはお金のやりとりをするわけですので、当然、税金の問題が出てきます。

 

クラウドファンディングの種類は大きく3つある。

クラウドファンディングの種類はリターン(見返り)の種類によって購入型、寄付型、投資型の3つに分けられます。
購入型とはリターンが権利・物品であるもの、寄付型とはリターンがないもの、投資型とはリターンが金銭であるものを言います。
この種類ごとに税務処理も違ってきます。

 

購入型のクラウドファンディングをした場合

購入型のクラウドファンディングはその名前の通り、権利や物の売買として扱われますので
出資する側は「前払金」として処理し、実際に権利や物を受けたときに「仕入」や「必要経費」にします。
出資を受ける側は「前受金」として処理し、実際に権利や物を渡したときに「売上」にします。


寄付型については、次回に書きたいと思います。

 

_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄
上谷雄一(うえたにゆういち)税理士事務所
〒591-8041 堺市北区東雲東町1-4-28 ユーセゾン101
TEL 072-320-3167 FAX 072-350-6717
E-MAIL  info@sakai-uetax.com
URL    https://www.sakai-uetax.com
_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄_/ ̄